MainVisual

〈sio〉と、料理と、今日の私。第4回 Guest/竹中直人

撮影 久富健太郎(SPUTNIK)
文 松坂 愛

料理だけでなく様々なホスピタリティが高く、味わったことのない驚きの出会いがある、代々木上原のモダン・フレンチ〈sio〉。オーナー・シェフの鳥羽周作をホストとして、多彩なゲストを招き、新しいレストラン体験を伝える当企画。第4回のゲストは、自らが声を掛け、山田孝之と齊藤 工とともに監督として、共同制作した映画『ゾッキ』の公開が控える(続報も待ち遠しい!)、竹中直人をお招きしました。

物語を生み出す〈sio〉の料理

竹中直人が〈sio〉に訪れたのは夕方頃。「嬉しいな〜、夕方の飲みって好きなんですよね」と、まずは1品目の「白トリュフ香るう巻き」をパクリと食し、わずかに泡を抜き味わいに特化した特別なシャンパンを堪能。「なんて優しい味なんだろう。それでいてズシンと印象に残る」と顔がほころんでいく。

シェフの鳥羽は、長年の竹中ファン。「竹中さんは、どんなことも真剣に楽しんでいて、めちゃくちゃカッコ良いなと。僕らも料理で目指すのは、そういうところで常に本気でやっているんです」と熱い想いを伝える。すると少し照れ笑い、「嬉しいですね、今の言葉。まだまだ元気に頑張ろうと思います」と返す竹中がいた。

温かい会話を繰り広げながら、続くは鮎料理。色合いの美しさに「キレイ!」とテンションアップ。「俺、久しぶりに鮎を食べた。爽やか。めちゃめちゃ懐かしいな」とも。それに合わせたドリンクは「ポルトガルの田舎町・リスボンのワイン」。「リスボンに行ってみたいと思いながらまだ行ったことがなくて。『リスボンに誘われて』という映画と、『イマジン』という映画だったかな、両方ともリスボンが舞台。それを思い出しちゃった」と感慨深く話す。

〈sio〉の料理やドリンクには、何かを思い出したり感じたり、物語が生まれるのも1つの魅力だ。その後も竹中の好みに合わせた1品1品に、驚きつつ、大満足する姿が見て取れた。終始、穏やかな表情。それを見ているだけで、こちらまで多幸感に包まれるようだった。

「こんなに興奮したのは久しぶり。タバコを辞めていたのに、吸いたくなったくらい。本当に。いや〜、うま過ぎた(笑)」と竹中。食事の合間にギャグを見せてくれ、笑いの渦を作ってくれた竹中に「竹中さんの愛をたくさん感じました」と鳥羽が伝え締めくくった

今回のメニュー

「チキントーバーカレーライス」

「盛り付けもめちゃくちゃかわいい。チャーミングだし」と竹中が言うのは、人気の「トーバーライス」のカレー・ヴァージョン。鳥羽曰く「いろんな表情が見られるカレー」。「ひと噛みごとに味が違う!」と竹中も思わずビックリ

「白トリュフ香るう巻き」

鳥羽が「クセがなくおいしいうなぎと、卵と相性が良い白トリュフの香りを入れながら巻いたう巻きです」と話す一品。「一口でいっちゃいます」と竹中が口に運ぶやいなや、「もう、これだけで大満足」と至福の笑みを浮かべる

「鮎のコンフィ」

「いきますよ、せーの!」とガブリと食べる竹中。「本当においしい。イチジクとも一緒に食べなきゃ!」とさらに食が進む。「きゅうりとヨーグルトのソースとか、鮎の青さを全体的に活かすような一皿です。鮎の内蔵とイチジクはすごく合うんですよ」と鳥羽

「sioアイス」

最後は、食すタイミングに合わせて作られるフォルムから美しい定番のアイス。「うわー、濃厚! 滲みる!」との竹中からのお言葉
INFORMATION OF sio

INFORMATION OF sio

〈DIRITTO〉、〈Florilege〉、〈Aria di Tacubo〉などで研鑽を積み、〈Gris〉のシェフに就任した鳥羽周作が、 2018年7月、オーナー・シェフとして自身のすべてを出し尽くしてオープンしたレストラン。

東京都渋谷区上原1-35-3
tel.03-6804-7607(12:00〜22:00)
予約制
水曜定休、不定休(ランチは土・日・祝日のみ)
ディナーコース10皿(10,000yen)、ランチコース6皿(7,000yen)
※別途、ペアリング・ドリンクを頼むと、各料理によって取り合わせが楽しい、希少なアルコールかティーが供される。

INFORMATION OF NAOTO TAKENAKA

3人の俳優が監督として共同制作した映画『ゾッキ』が2021年公開。また、今夏放送予定の特別ドラマ『桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~(仮題)』〈フジテレビ〉系にも出演が決定している。